WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

メバルの浮き釣り 延べ竿の仕掛けとポイントを紹介

0218mebaru.jpg
 釣りは「フナで始まりフナで終わる」という。とっつきやすいくせに、極めようとすると非常に難しい。海釣りでいうなら、アジの一本釣りもそれに近い趣がある。春に舞鶴の白杉などで、絶妙な竿さばきで一匹ずつ中アジを上げていくベテラン釣り師たちを見ると、そんな感じを受ける。
 
 これに匹敵するほど夢中になれるのが、これから好シーズンを迎えるメバル。細い延べ竿を扱い、20センチ超の相手とのやりとりは抜群に面白い。だが、メバルを専門に狙って竿を出す人は案外少ない。今回は、簡単な仕掛け、ポイント選びなどを紹介してみる。
 
 海底が見えるような比較的浅い場所を想定すると、リール付きの磯竿よりも、5−7メートルの延べ竿が絶対おすすめ。道糸の太さにそれほどこだわる必要はなく、2号程度を使う。そして市販の「メバル浮き釣り」仕掛けを購入すれば手っ取り早く、それをサルカンで接続する。たいがい2本針になっていて、上針と下針の間に、浮きの浮力に合う小さなかみつぶしの重りを打つ。夕方から夜にかけてが好時合になるので、電気浮きを使い、浮き止めゴムで固定する。
 
 餌はシラサエビ。一人での釣行ならおそらく1合(杯)で足りる。針には、ほお掛けするのがよいが、しっぽのちょん掛けでも問題ない。ただ、腹側から背中側へ針を通す。
 
 問題はポイント。磯場は良型が望めるが、危険を伴うのであまりおすすめできない。足場のよい漁港などで、メバルが居着いていそうなところを探す。メバルは憶病な魚なので、日の光が届くような浅い場所では、物の陰に隠れている。そのため、海底に石などが入っており、ごつごつした感じで、海藻が生えているような場所を明るいうちに見つけておく。漁港でなくても、条件さえあえば、道路沿いのちょっとした小場所など、メバルは案外、どこにでもいる。
 
 水深に応じて浮き下を調整するが、明るいうちは底近くまで餌を持っていく。暗くなり、電気浮きをともすくらいからが本番。あたりはそれぞれ微妙に違うが、軽い前あたりがあったあと、浮きが海中にすっと沈み込み、揺らめく。食いがいいときは、たいがいの合わせが利くが、あまり食い気がないようなときは、すっぽ抜けることもある。合わせるタイミングは、いわく言いがたし。
 
 メバルに食い気があれば、次第にたなが上がってくるので、上針に食いつくようになれば、浮き下を短くしていく。
 
 漁港などでは20センチまでのサイズが多いが、ときには25センチくらいもいる。これからの季節、風が弱く、海が鏡のように穏やかで、海水温が高くなれば、絶好のメバル日和。餌取りが動きだすまでは楽しめる。
 
 

2009年02月19日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ