働いた道具に感謝 淑徳高で90年以上続く針供養

2019年02月11日 のニュース

 道具に感謝する針供養の日の8日、京都府福知山市正明寺の福知山淑徳高校(山口剛校長)で、供養の式が行われた。式は、学校の創立当初から90年以上にわたって営まれており、今年も生徒たちがしっかり働いてくれた針や包丁などの道具へ感謝の気持ちを表した。

 全校生徒が集まって開かれた式で、1年生から3年生の代表者が日ごろ使ってきた調理道具や包丁、裁縫道具などへの感謝の気持ちを込めて、供養文を読み上げた。

 式の後は、アパレルファッション系列の3年生の代表者が学校敷地内にある針塚に行き、衣装の制作を通じて折れた針を軟らかいこんにゃくに刺し、塚へ納めた。

写真=静かに手を合わせる生徒たち

アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。