「まず咲く」マンサク 例年より少し早く開花

2019年02月07日 のニュース

 京都府福知山市猪崎、三段池公園内にある市植物園(赤壁景子園長)で、早春の花として知られるマンサクが咲き始めた。季節的にまだ花が少ない屋外で、黄色の花が映えている。

 マンサクは早春に、他の花に先駆けて咲くため、「まず咲く」が転じて名付けられたといわれる。市植物園には屋外の花木園に地植えの1本と、鉢植えの2本がある。 

 花木園の1本は今月に入って開花した。よじれた糸のような花が特徴で、枝のあちこちに咲いている。

 赤壁園長は「1月に暖かい日が続いたことがあったので、開花は例年より少し早いようです。雪割り草なども早く咲き始めました」と話している。見ごろは2月いっぱいという。水曜日休園。

 

写真=よじれた糸のような花が特徴のマンサク

アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。